こんにちは!
絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのきむこです。
 
昨日Twitterのトレンドで「あと2ヶ月」というハッシュタグがランクインしているのをみて戦慄しました。

まだまだみなさんにお伝えしたいことがたくさんあるのに……! こうしちゃいられません!
 
 
そんなわけで、今日は手始めに毎月月初恒例「森のえほん館」人気ランキングを発表いたします!!
 
201610

 

第1位:おとうとなんてだいっきらい!

1113作・森のえほん館編集部 文・倉沢はすみ 絵・みやざきこゆる

■絵本の内容
はなちゃんは4歳のお姉ちゃん。
弟たーくんの行動に我慢できず、こわーい怪獣に大変身!
「赤ちゃん返り」をする子どもの想いが詰まった絵本です。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

 

第1位は読者に訴えかける絵本、『おとうとなんてだいっきらい!』がランクイン! なんと先月登場したばかりの新作です。

子どもだけでなく、子どもだったことのある大人にも読んでほしい絵本。お兄ちゃん・お姉ちゃんも、弟・妹も、一人っ子も、ご自身の幼少のころを思い出しながら読んでもらえたら、何か思うものがあるのではないでしょうか?

こちらの絵本のイラストを描いてくださったのは、人気絵本『ムシバキンをやっつけろ!』なども手掛けてくださっているみやざきこゆるさん。主人公の、はなちゃんの表情やしぐさの描写がリアルで、思わず胸を打たれる作品です。

 

第2位:はたらくくるま なーんだ!

1112作・森のえほん館編集部 絵・SOUSUKE

■絵本の内容
シルエットクイズ「はたらくくるま、なーんだ!」
パトカー、消防車、ブルドーザーなど……男の子がだいすきな車、大集合!
楽しく遊びながら、働く車の仕事について学ぶことができます。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>学習できる

 

第2位にランクインしたのは、こちらも9月30日に出たばかりの新作『はたらくくるま なーんだ!』でした。子どもが大好きななぞなぞ形式でいろいろな自動車が出てきます。特にトミカや車だーいすき! なちびっこたちにはたまらないはず!

こちらの絵本のイラストを担当してくださったのは、リアリティのあるイラストが美しいSOUSUKEさん。太い主線で描かれたイラストは男子の心をキャッチして話さないこと請け合いです!

加えて、実はSOUSUKEさんの作品、もう1つランクインしているんですよ。それはこちら!!

 

第3位:ゴーストハウスにいこう

1083作・森のえほん館編集部 絵・SOUSUKE

■絵本の内容
ゴーストハウスにやってきた!きみは最後までたどりつけるかな…?
人気絵本『おばけやしきにいこう』につづく、海外のお化けたちが登場する絵本。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>季節や行事を知る

 

登場以来ランキング常連のおばけ絵本『ゴーストハウスにいこう』が今月も第3位にランクイン。世界(おもに欧米)のおばけたちが登場する本作、特にハロウィンシーズンにたくさん読んでもらえたかな? と思います。

この作品については、なんとメイキング記事もあるんです。

SOUSUKEさんと編集部員の、ここでしか見られない秘密のラフ画やプロットを前後編に分けてご紹介中!

前編はこちらから、後編はこちらからどうぞ。

 

第4位:いろいろなにいろ?クレヨンびようしつ

1121作・森のえほん館編集部 絵・ゆっちょ

■絵本の内容
はさみではなくクレヨンを使う美容室?
好きな色のクレヨンでお気に入りのヘアスタイルを描いてみよう!

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>学習できる

 

第4位はなんと、ほんの10日前に出たばかりの最新作『いろいろなにいろ?クレヨンびようしつ』がランクイン! まさにできたてほやほやです。

カリスマ美容師が、世にも珍しい、はさみではなくクレヨンでいろいろなヘアスタイルを提案してくれる本作、読み終われば、大人も子どももクリエイティブを刺激されているはず。そんなお客様皆様のひそかなニーズに応え、なんと巻末にはぬりえがついているんです!

ぬりえを塗ったら、ぜひハッシュタグ「#森のえほん館ぬりえ」をつけてInstagramやTwitterに投稿してくださいね。森のえほん館のSNSやBlogでご紹介させていただく予定です!

ぬりえについて、詳しくは以下から。

top_%e6%9c%80%e6%96%b0

見るのも塗るのも楽しい本作のイラストを担当してくださったのは、『ありさんどこにいるの?』などのほっこり系絵本も手掛けられているゆっちょさん。読むうちどんどんクセになる、何度も読みたくなる作品ですよ。
 
 

第5位:おばけやしきにいこう

9961作・森のえほん館編集部 絵・白菜

■絵本の内容
おばけやしきにやってきた!きみは最後までたどりつけるかな…?
お子さまに恐怖を与えすぎず安心して読めるよう、森のえほん館編集部が編集しました。
たくさんのお化けが登場しますので、いくつお化けが登場するかお子さまと数えてみてください。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>行事や季節を知る

 

第5位にランクインしたのは、『おばけやしきにいこう』。こちらも登場してからずっと長く読まれている、ランキング常連の絵本です。第3位の『ゴーストハウスにいこう』と比べて、こちらは日本のおばけを紹介していますよ。

こちらの絵本を担当してくださったのは、長編ながらアニメーションのようで楽しい! と評判の『さいゆうき』シリーズなども手掛けてくださった白菜さん。迫力のあるイラストとダイナミックな構図に、思わずページをめくる手がとまらなくなる絵本です。
 
 
 
10月のランキング結果はいかがでしたでしょうか?

今回はさりげなく、絵本を描いてくださったイラストレーターさんたちにも焦点を当ててお送りしました。

ランキングの作品だけでなく、「あっ、この本描いている人、あの本と同じ人だ!」なんてクリエイターさんつながりで、またお気に入りの作品を新しく見つけてもらえたら嬉しいです♪

 
 
header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ