こんにちは!
絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのきむこです。

今日はもう最初から余談をスキップしてしまいますが、あの不朽の名作、「森のえほん館」でも大人気のシリーズ『西遊記』がついに完結! 手に汗握る最終編が新作絵本として登場しました!

これまで「森のえほん館」では、とても長いお話の西遊記を、原作に忠実に、かつ、子どもにわかりやすくなるように編集。3部作にわけて配信してきましたが、ほかの絵本ではカットされてしまうこともある原作のエピソードも数多く盛り込んであり、大人も読んで楽しめる一作となっています。

その『西遊記』、本日はついにクライマックスの第3部の登場です。

 

さいゆうき3:でたな ようかい!

1082

出典・西遊記 文・倉沢はすみ 絵・白菜 編集・森のえほん館編集部

■ストーリー
中国に伝わる昔話。シリーズ3部作の第3作。
悟空と旅の仲間たちの前に立ちはだかる悪い妖怪たち。
果たして一行は、無事に天竺までたどりつけるのでしょうか…?

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>世界の童話

 

1作目・2作目の時から変わらぬ大迫力の音声と、イラストが健在の本作品。

特にイラストについては、シリーズを通して作画をしてくださったクリエーターの白菜さんが描く、ダイナミックな構図と生き生きしたキャラクターたちの表情が、ストーリーをいっそう盛り上げます。ラフ画(下書き)の段階から編集部の担当と綿密に打ち合わせ、ページをめくるごとにわくわく感が味わえる絵本になりました。

 

きむこの説明ではどのくらいすごいのかよくわからないって? それではこっそり、白菜さんの描いたラフ画と完成した画像をお見せいたします!

まずは、下書きの段階であるラフ画。このラフ画を見ただけで、なんだか胸が高鳴ると思いませんか?

1082-11_ラフ

さて、このラフ画が、こんな風に仕上がりました!

 

1082-11

 

表紙にも使われているこのイラストは、ストーリーのどの部分に当たるのか? この牛のような化け物は一体……? 悟空たちの運命やいかに! ぜひ本編をお読みになりお確かめください。

 

『さいゆうき3:でたな ようかい!』を読んだスタッフの声をご紹介

「原作の西遊記は長編だけど、長さを感じさせない緩急のあるストーリーにまとめられているね。第1部からもう一度読み直したくなるな」
「大人が読んでも楽しめるわくわくするストーリー! 親子で仲良く読めそうだね」
「効果音もアニメのようにオーバーなものが使われている。子どもたちにもわかりやすく、集中してもらえそう」

 

最後にひとつだけお気を付けいただきたいことがあります。
この作品は大迫力の冒険活劇なので、小さなお子さんにはちょっと刺激が強いかもしれません。ご覧になる際にはお子さんがびっくりされないよう、ご注意くださいね。

 

西遊記第1部のご紹介はこちら→http://ehonkan.jp/shinsaku/saiyuuki1/
西遊記第2部のご紹介はこちら→http://ehonkan.jp/shinsaku/saiyuuki2/
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ