森のえほん館大賞2020に投票いただいたユーザーの皆様、ご協力ありがとうございました!
本日、ついに大賞が決定しました!

大賞『ちいさくなったくつ』

今回の大賞作品は、男の子が大切にしている1足の靴が主人公の絵本「ちいさくなったくつ」です。
大好きな持ち主の成長を見届けている靴ですが、男の子のからだが成長して大きくなると共にお別れが近づいてきます。
この絵本を読んだ子供達が、成長の喜びとほんの少しの寂しさ、そして物を大切にする心を学んでほしいという想いのこもった絵本です。

読者のパパやママからは、投票理由について「くつを大切にしようと思うやさしい気持ちになりそう」「ものを大切にするようになった気がする」「お話がステキだった」という嬉しいお言葉もいただきました。

 

■2位~4位の受賞作品

2位は夜ふかしする子どもに向けて作られた「ねないこ どうなる?」
3位は三輪車で時代を行き来する冒険絵本「タイムマシンアドベンチャー」
4位はお花が紡ぐ一人の少女の成長物語「すてきなはなや」となりました

えほん館大賞では、投票してくださった方の中から抽選で、大賞作品の小冊子をプレゼントいたします。今回の企画をきっかけに、アプリ「森のえほん館」で配信している絵本を実際に手にしていただき、紙でも親しんでいただけましたら、編集部一同嬉しく思います。
※当選者の発表は編集部からのご連絡をもって代えさせていただきます。

今後も「森のえほん館」では、バラエティに富んだジャンルの絵本を取りそろえながら、子どもとパパ・ママのコミュニケーション創出や知的探究心の育成を支援いたします。

大賞作品『ちいさくなったくつ』は、冊子にして抽選でプレゼントいたします。当選者発表はアンケートでご登録いただいたメール宛てに、ご連絡させていただきます。お楽しみに!
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ