すてきなはなや

作:森のえほん館編集部
絵:のだかおり
朗読:相川棗/松舞奈
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
ママに買ってもらった大切なお花を誤って折ってしまう女の子。
すると、親切なお花屋さんがやってきて…。
ひとりの女の子の成長を描いた、ハートフルストーリー。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳〜6歳

■クリエーター紹介

のだかおり
長野出身のイラストレーター。子どもや動物を中心にほのぼのと温かみのあるイラストをシンプルな線で描きます。
http://instagram.com/rioka_dn/

夢を抱くことの素晴らしさを描いた絵本

みなさんは小さい頃抱いていた将来の夢を覚えているでしょうか?
スポーツ選手やケーキ屋さん、保育士さんなど、様々な夢があると思いますが
子供たちにもその職業に憧れる理由がきっとあるはずです。
今週の新作絵本は、そんな“夢を抱くきっかけ”を描いたお話です。

☆絵本の内容☆

一人の小さな女の子がお花屋さんでお花を買います。
でも、嬉しさのあまり走ってしまった女の子は、転んでお花を折ってしまいました!

そんな様子を見ていたお花屋のお姉さんは、折れたお花をブーケにアレンジ。

女の子は、大喜び。自身もいつかお花屋さんになりたいと考えます。

そして。時は流れ。。。
果たして、少女は自身の夢をかなえることができたのでしょうか。
ぜひ、アプリでお確かめください。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。
この絵本が子供の夢について親子で話し合うきっかけになってくれたら嬉しいです。

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ