title

さがして! おみせやさんごっこ

作:森のえほん館編集部 絵:ゆっちょ

■絵本の内容
おみせやさんごっこをテーマにした、探し当てゲーム絵本。
君は今日からおみせやさん!楽しいゲームで、お客さんを助けてあげよう。
探し当てゲームを楽しみながら、お店の敬語や雰囲気を知ることができます。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>学習できる

■対象年齢
2~6歳

■クリエーター紹介
ゆっちょ

ゆっちょ

ゆっちょです。静岡県内のイベントを中心に楽しくイラストレーターしてます。
ときどき似顔絵もやってます!
http://ucchimo.com/

 

店員さんのセリフに注目!

2~3歳は、ごっこ遊びにはまりだす年頃でもあります。絵本のストーリーも読みながらごっこ遊びが体験できるように、おみせやさんで店員さんが実際に使うセリフを使い、来店時の「いらっしゃいませ」からお会計時の「ありがとうございました」までの一連の流れも大切にしています。

また、「いっしょに おしごと できるかな?」といったような呼びかけを入れて、より深く絵本の世界に入り込んで、一緒にごっこ遊びが楽しめる内容にしました。

動物のお客さんたちに注目!

次々お買い物に来る動物のお客様は、みんな個性的!これらは『いろいろなにいろ?クレヨン美容室』でも独特のタッチと、カラフルな色使いで人気のクリエーター、ゆっちょさんのアイディアです。

特に、動物のお客様のお洋服にご注目ください!お洋服の柄もステキですが、アクセントの小物にもかわいいこだわりがあります。

usagi

例えば表紙のうさぎのお客様。ステキな柄が入ったズボンと胸元の白い飾り、麦わら帽子がとてもかわいらしいですね。

たくさん並んだ商品に注目!

他にも注目して観たいところは、たくさん並べられた商品です。お野菜売り場、お肉売り場など、本物のおみせやさんのように、売り場に分かれて並んでいるのですが、それぞれのデザインにかわいさのアクセントが!イラストのずみずみまでじっくり楽しんでください。

他にも、お客様に「○○はありますか?」と聞かれますので、絵本の中の店員さんと一緒に、読んでいるお子様も店員さんになりきって探してみてください。

森のえほん館編集部のちょっとひとこと

ごっこ遊びには、様々な知育要素があるといわれています。真似をするための観察力、なりきるための表現力、自分でごっこ遊びの世界を構築する創造力など、子供の成長に欠かせない力が身に付く可能性があります。また、お友達と一緒にごっこ遊びをする場合は、コミュニケーション力を育むことも期待できます。

この絵本をきっかけに、様々なごっこ遊びを楽しんでもらえればうれしいです!

 

この記事を書いたい人

編集長兼運営担当たみ。7歳と4歳の姪っ子がいるおばさん。

子供のころ、ごっこ遊び用のおもちゃを持っていなかったので、紙にお店の絵を描いて、その上で人形を使ってごっこ遊びをしていました。こうやって代わりのものを使って、工夫して遊ぶことで、色々なことを学んでいたんだなあと思いました。
header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ