よいこにカエル かえたろう

作・文:森のえほん館編集部
絵:みもりん
朗読:七音俚紅/安藤仁
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
考え方や行いを変えると上手くいくことがありますが、それはもしかすると悪い怪物の仕業かもしれません。カエたろうはそんな悪い怪物をやっつけて、みんなを助けてくれます。

********

考え方は人それぞれ。そこからすれ違いが生まれ失敗することもあります。
でも、それはもしかすると悪い怪物の仕業かもしれません。
カエたろうは、そんな悪い怪物をやっつけて、みんなを良い子に変えてくれるスーパーヒーロー!
カエたろうの活躍を見ながら、相手を思いやる事の大切さが学べる絵本です。

********

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳〜6歳

■クリエーター紹介

みもりん

カラフルであたたかい絵や、ガーリーな絵を描く事が好きです。

考え方や行いを変える(カエル)と上手くいくことも!?

考え方は人それぞれ。
そこからすれ違いが生まれたり失敗することもあります。その失敗から何を学び、どんな行いをすればよかったのか、悩んだりすることも。
この絵本ではイジワルな怪物を倒すことで考え方、行いを変えられます。

***********

子供たちだけではなく、大人ですらも伝え方を間違ってしまうことがあります。
それは感情のまま当たってしまったり、そんなつもりではなかったのに…と解釈の違いであったり。

今週の新作絵本は、考え方や行いを変えることをテーマにしています。
悪い怪物を倒すことでどんな伝え方になり、どんな展開になるのか、お楽しみください!


イジワルする悪い怪物をやっつけるカエたろう参上!

お友達の絵本を独り占めする子がいるよ。

でもその男の子の背後に何かいることに気が付きます。

これがイジワルする原因の悪い怪物かな?やっつけたら男の子も考え方が変わるかも!よーし、助けてあげよう!

この記事を書いた人

icon_150x150_2企画・編集担当 シャケ。1児の父。

伝え方を変えるだけで受け取り側の気持ちも全然変わってきますよね。大人の社会でも子供たちでもそれは変わりません。特に子供たちには気が緩んでしまいがちなので知らず知らずのうちに傷つけてしまうことも…これを機に一度自分を見つめなおしてみるのはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ