“アラジンとまほうのランプ<上>まじんがでた!”

アラジンとまほうのランプ<上>まじんがでた!

出典:千夜一夜物語
文:倉沢はすみ
絵:白菜
朗読:井上恵亮 / こうこ / 藤田辰哉 / 矢木いちは
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」の中でも有名な物語のひとつ。
シリーズ2部作の第1作。
貧しい少年アラジンは、洞窟の中で古いランプを見つけます。
それは不思議な力をもつ魔法のランプだったのです。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>世界の童話

■対象年齢
3歳〜6歳

■クリエイター紹介
7b146759d5701f20de48782ce5381447.jpg

白菜

フリーで活動するイラストレーターです。
絵本、似顔絵、アプリ、webサイト等のイラストを描いています。
http://ameblo.jp/uwa-a/

 

ふたりの魔人!?

絵本のタイトルにもある「魔人」といえば、ディズニーでも大人気のランプの魔人をイメージする人が多いのではないでしょうか。
実は、原作の「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」では、魔人がふたり登場するんです!ひとりは「指輪の魔人」。そしてもうひとりがおなじみ「ランプの魔人」です。指輪の魔人はあまり知られていない存在ですが、お話の後半でとても重要な役目を果たすことになります。本作の小さな魔人の活躍も是非ご期待ください!

 

本当はろくでなし?

ディズニーや本作に登場するアラジンは、思いやりや勇気がある好青年です。でも、原作のイメージとは少し違います。原作では、父親が亡くなっても悲しみもせず、母親ばかりに働かせて仕事もろくにしない。ランプを発見したあとは、魔人の力に頼りまくって自立できない、それはそれはろくでなしなんです…。主人公がそれでいいのか!?…そんなわけで、キャラクターイメージだけは脚色せざるを得なかったという裏話でした。

 

気になる後編

8/25(金)配信予定の「アラジンとまほうのランプ<下>ひめをとりもどせ!」では、悪い魔法使いの逆襲劇が繰り広げられます。
果たしてアラジンは、意中のお姫様と幸せになれるのでしょうか…。
後編は、ハラハラするシーン展開やアラジンの衣装が変わるなど、見どころ満載なのでお楽しみに!

 

この記事を書いた人

企画・編集担当カワコ。日々絵本制作に奮闘中!

夏バテ気味のカワコです。
夏の長編としてあたためていた企画がついに実現しました!今回は、大人気「西遊記」を手掛けた白菜さんにイラストを担当していただきました。お話はもちろん、今にも動き出しそうな個性あふれるキャラクターたちからも目が離せません!

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ