TOP_202002

何かと騒がしかった2月。

そんな「2020年2月」に読まれた数が多かった絵本ランキングTOP10を発表します。
ご在宅の機会も多くなっているかと思いますが、その中で何が人気だったのでしょうか?
※殿堂入り絵本は省きます
⇒殿堂入り絵本一覧

1位: おやすみ、でんしゃくん

おやすみ、でんしゃくん

作:森のえほん館編集部
朗読:小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

人気のでんしゃくんシリーズ最新作です。
でんしゃくんの入眠儀式を描いた絵本です。

入眠儀式という時点で既に面白いです。
最初タイトルを見たとき「でんしゃくんシリーズ最終回!?」
なんて思いましたが、そういう意味ではないそうです。

彼が走る線路はまだまだ続きます。

2位: はなくそバイバイ 〜まもれ!はなのあな〜

はなくそバイバイ

作:森のえほん館編集部
絵:イケウチリリー
朗読:鈴木謙一/小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

なかなかパンチのあるタイトルで目を惹きます。
笑いながら楽しく鼻くそができる仕組みが学べる学習絵本です。

「不潔」「ダサい」と印象が悪くなりがちな鼻毛・鼻くそですが
むしろ清潔を保つために欠かせない要素だったのです。
色々と気付かされる作品です。

3位: ぴったんこマスク

ぴったんこマスク

作:森のえほん館編集部
絵:Sousuke
朗読:安藤仁/谷川麻依香
編集:森のえほん館編集部

品薄の影響がこんなところまで…!?

例のウイルスの影響で、関心を集めているようです。
内容は、マスク嫌いの子供におくるしつけ絵本となっています。

花粉症シーズンも重なったことで、普段使用されている方々の元に
行き渡らないのが、とても残念です。

4位: おくすりのめちゃうガール

おくすりのめちゃうガール

作:森のえほん館編集部
絵:あや缶
朗読:蒼樹里緒/小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

薬を飲んで、みるみる力が湧いた結果
スーパーヒロインに変身する絵本です。

その字面だけ見たらちょっと危ない感じですが勿論そんなことはありません。
病気を早く治す手助けになれば…そんな想いを込めて制作した作品です。

対処療法ではありますが、薬で少しでも辛さを和らげて
こじらせないよう、しっかり休んで治しましょう。

5位: でんしゃくんのトイレ

でんしゃくんのトイレ

作:森のえほん館編集部
朗読:小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

でんしゃくんシリーズ往年の人気作品です。

この絵本は、出かける前にトイレを済ませなかったことで
後から大変なことになってしまって…というお話ですが、
何かが起こってしまう前に、事前に手を打つことが肝要というのは
全てに通ずるものがあります。

6位から10位までまとめて発表!

6位: ゴシゴシはみがき

ゴシゴシはみがき

手洗いうがいも大切ですが、歯のお掃除もお忘れなく!

7位: てあらいゴシゴシ

てあらいゴシゴシ

この時期を機に、正しい洗い方をマスターしましょう。

8位: がいこつくんのはらぺこディナー

がいこつくんのはらぺこディナー

透明人間が出てきます。透明人間、ロマンがあります。

9位: おおきなかぶラップ

おおきなかぶラップ

終始ノリノリで楽しくなる絵本です。

10位: かぜたろうのはるいちばん

かぜたろうのはるいちばん

強風が吹いたら、春の訪れ。

2020年2月度のランキングは以上です。

こんなときだからこそポジティブに、色々な絵本を読んでみてください。
なんとなく検索していると、見逃していた作品があるかもしれません。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150運営担当デヴィ

最近ノートパソコンを使う機会が増えたため、
少しでも楽になるよう、寝ながら使えるPCスタンドを購入。

かえって疲れる気がします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ