こんにちは!
絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのきむこです。

最近、3歳10ヶ月になった我が家の長女が左右どっちなのか? について興味津々。

実はきむこ自身は、恥ずかしながら小学生になってからもなかなか左右の区別がつかず苦労しました。
親から「お箸を持つ手が右、お茶碗を持つ手が左」としつけられたり、当時習っていたピアノの鍵盤をイメージして手をかざし、メロディラインを弾くのが右手、伴奏が左手……とそこでようやく判断したり。

しかし、左利きの子にとっては決して「お箸を持つ手が右」ではないし、ピアノだって弾かない子には何が何だかわからないし……。

 

子どもにどうやって教えたらわかりやすいかな? と試行錯誤する日々でしたが、本日の新作絵本がまさに一筋の明かりとなって行く先を照らしてくれそうなので、ぜひご紹介します!

 

どっちかな?ひだりみぎ だいぼうけん

1077

作・森のえほん館編集部 文・池梟リョーマ 絵・ICHIGEN

 

■ストーリー
左と右を覚えるためのコミカルなゲーム絵本。
罠がいっぱいの宝島。正しく左右を選んでお宝ゲット!間違えたらビリビリ〜!?
大冒険を通じて左右を楽しく学習できる絵本です。小さなお子様でもお楽しみいただけます。

■本棚の場所
カテゴリー>学習できる

読んでみると、BGMとイラストとがマッチしていてすごく楽しい作品です! 子どもと読んだら、「右はどっち? 左はどっち?」の質問に対して「へびさんがたくさんいた洞窟のほうが右よ」「ボタンを押したらびりびり~ってしびれちゃったのはどっちだったっけ?そっちが左だよ!」とクイズのように教えてあげられそう!

 

『どっちかな?ひだりみぎ だいぼうけん』を読んだスタッフの声をご紹介

「イラストがアメリカンなテイストでかわいいね」
「ゲームミュージックのようなBGMが内容とよく合っているね!」
「親子で一緒に読むと楽しく左右が覚えられそう!」

 

これまであまり見かけなかった「左右」を教えることに特化した絵本。

子どもがひとりで読むと難しそうなので、親子で一緒に読みながら「うーん、次はどっちだろう?」とクイズのように読み進めるのがおすすめです! ぜひ読んでみてくださいね。

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ