コークのITリテラシー絵本 シリーズ
『デジタルの夢と現実のはざまで(デジタル中毒、ネット依存症)』

©KOUICHI NAGATA 2024

作:永田浩一
絵:みもりん
朗読:小林紗矢香/七音俚紅
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
ITリテラシー絵本シリーズ43作目。6月18日 ヘイトスピーチと闘う国際デーに関するストーリーです。
小さなころの出来事がきっかけでますます心を閉ざすようになニック。
SNSでお金を稼いで母を楽させてあげようと頑張りますが上手くいかず、成人してもニックは職に就かず、自宅の部屋でヘイトスピーチ活動を続けて…

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>パパママ向け

■対象年齢
6歳~

■クリエーター紹介

みもりん
カラフルであたたかい絵や、ガーリーな絵を描く事が好きです。

現代の問題、デジタル中毒、ネット依存症

6月18日は、ヘイトスピーチと闘う国際デー。特定の人や集団を攻撃し侮辱する差別的な言動や発言である「ヘイトスピーチ」と闘い、表現と意見の自由を尊重しつつヘイトスピーチによって助長される差別や侮辱をなくすために制定されました。
誰もが安心して学び暮らせる社会を実現できるよう、この絵本を読んで学んでいきましょう♪
 width=

ダイジェストで見る
『デジタルの夢と現実のはざまで(デジタル中毒、ネット依存症)』

少し癇癪持ちで、なかなか泣きやまない赤ちゃんのニック。タブレットで赤ちゃん向けの動画を見て泣き止みます。

ニックは気にせずタブレットを食い入るように見ています。

ウェイターがニックの目の前のタブレットをどかして、料理をニックの前に置きましたが、それを見たニックは「何するんだ!」と大声で叫びました。その時の騒動で顔にやけどを負ってしまいます。

それからというもの、ニックは、ますます心を閉ざすようになりました。今度はゲームの世界に夢中になっています。

最初は、SNSでフォロワー数を増やして自分が稼いで、お母さんを楽させてあげようと頑張ったのですがうまくいきません。

SNSにその苛立ちをヘイトスピーチすると、大騒ぎに!?その騒ぎでこれからニックはどんな行動をするのか、そしてどのような結末がまっているのか。気になる続きはアプリをチェック!

▼森のえほん館アプリ▼
header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド