7月になりましたが、6月みたいな天気ですね。
梅雨明けがいつになるのかわかりませんが、夏感が足りません。

それでは2021年6月度のランキングを発表します。

「2021年6月」に読まれた数が多かった絵本ランキングTOP10
※殿堂入り絵本は除きます
⇒殿堂入り絵本一覧

1位: おしたらおしまい

おしたらおしまい

作:永田浩一
絵:初見寧
朗読:小林紗矢香/こうこ
編集:森のえほん館編集部

「これをしたらダメ」って言われると、ついしたくなりますよね。
「した」ことによるペナルティが、どの程度なのか、にもよりますけど、
この物語では、結構大変なことが起こります。想像の遥か彼方を越えている感じがする。
昨今身近なネットリテラシーについても、学ぶべきところがある絵本です。

2位: くまちゃんえほんその7「カレーのリズム」

くまちゃんえほんその7「カレーのリズム」

©2020 Maruha Nichiro Corporation

やっぱりカレーは、暑いときにこそ輝くものなのだなあ。
夏は食欲がなくなることが多いからね。魔法のスパイスとでもいうのかな。
もちろん魔法がきかない人もいるけれど、こいつは、強力だ。

3位: どこ!どこ!トイレ!

どこ!どこ!トイレ!

作・文:森のえほん館編集部
絵:ICHIGEN
朗読:橘立夏/綾野ひまり

トイレは必ず事前に済ませておきなさい、なんて簡単に言うけれど、
別にしたくないのに、無理して絞り出せって言うのかい?って子どもながらに思うことがありました。
要は「ちょっとでもしたかったら我慢しないで、事前に済ませておこうね」ってことなんだけど、
微妙な塩梅というか、「ちょっと」のさじ加減が難しいんだよなあ。この絵本を見て何か掴んで欲しい。

4位: みんなでがったい!おべんとう!

みんなでがったい!おべんとう!

作・文:森のえほん館編集部
絵:あや缶
朗読:橘立夏/綾野ひまり

お弁当は、楽しい。色々な種類のおかずが入っているから、たくさんの出会いがある。
日の丸弁当なんてご飯と梅干しだけだけど、梅干しの塩分と、お米の自然な甘さが出会って、
ちょうどいい美味しさと出会うことができるわけだから、シンプルな弁当でも、あなどれない。

5位: かさのうた

かさのうた

作・文:森のえほん館編集部
絵:Nabeco
朗読:高橋すみれ/こうこ
編集:森のえほん館編集部

梅雨は気圧の関係で、身体がだるくなって何もやる気が起きなくなったりします。
だけど雨の日に、傘をさして歩いてみると、案外楽しいことに気付きます。
雨音が妙に落ち着いて、自分の世界に入り浸れるし、それこそ歌でも歌いたくなる。
ただし靴が濡れると不愉快な気持ちが勝っちゃうから、長靴は履いておこう。

6位から10位までまとめて発表!

6位:あかずきん

あかずきん

赤ずきんちゃんの解釈は、十人十色的な面白さがある。

7位: ねないこどうなる?

ねないこどうなる?

まあ、寝ないとだいたいろくなことがないよね。
大人になると、余計にろくなことがない。

8位: ももたろう

ももたろう

桃太郎の親は、桃の形をした箱に赤子を入れて、
川に捨てたのだろうか。彼の運命はあまりに酷で、壮絶だ。

9位: あめふりコンコン

あめふりコンコン

雨の音に耳をすませば、ヒーリングミュージックに早変わり。
そういうプラスの発想ができると、楽しく過ごせる。

10位: あめ あめ どっちだ

あめ あめ どっちだ

空から飴玉が降ってきたら、まずは消費期限を疑うね。
せめて賞味期限くらいは書いてほしいものだ。

2021年6月度のランキングは以上です。

これを書いているのが7月だから、もうじき梅雨はあけるとおもいます。
とはいっても空は晴れているのに雨が降っていたりして、油断大敵な季節です。
体調管理が声高に叫ばれていますが、そのとおりだと思います。油断しないでね。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150運営担当デヴィ

いまのかたちの婚活というのは、アプリで顔とスペックだけで選んで
ふるいにかけるスポーツだ。そして、母数や料金がかからない設定上
女性が圧倒的に有利で、女性1人に対して1000人以上の男性がしのぎを削る。
つまり、ぼくは心が折れそうです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ