こんにちは! 森のえほん館運営のたみです。

絵本は、赤ちゃんの豊かな心を育みます。

特に0歳の頃は、字が読めなかったり、意思疎通ができなかったりと、赤ちゃんの反応がよくわからず、読み聞かせをしても

「楽しんでいるのかな?」

「意味があるのかな?」

と思ってしまいますが、実際は、絵を見たり音を聴いたりすることで、脳はたくさんの刺激を受けているのです。

早速、どんな効果が期待できるのかをご紹介します!

392181

擬音を大胆に使おう

0歳から読み聞かせをする時、「わんわん」「ぐるぐる」といったわかりやすい擬音が効果を発揮します。

赤ちゃんはママやパパの真似をしてお話しようとするので、わかりやすい擬音を使った絵本を読み聞かせてあげましょう。

ママやパパの真似をしたいため、赤ちゃんは口の動きをよく観察しています。

読み聞かせをしている時は、口の動きはゆっくり大きく、声の大きさにメリハリをつけると、より発声の楽しさを伝えることができます。

親子スキンシップ増加

赤ちゃんを膝に座らせたり、片腕で抱きながら絵本を見せる時、赤ちゃんはママやパパの温もりを感じとり、とてもリラックスします。

さらに、声を感じられる、そばにいてくれる、自分のために読んでくれる、といったことから伝わる愛情も感じ取っています。

また、なかなか日常でたくさんコミュニケーションを取りにくい忙しいパパなど、いざというときに、どうやってコミュニケーションをとればいいか、わからなくなってしまう時もある思います。

そんな時は、絵本を介することで、すんなりと語りかけることができます。

ママやパパの癒しにも

絵本の読み聞かせ効果は、赤ちゃんにだけ発揮する効果ではありません。

大人にも「絵本セラピー」という言葉があるように、絵本のもつ癒し効果が期待できます。

言葉を出すことによる発散効果や、目から新しい刺激を受けるたときの効果、現実世界から離れて絵本の世界に逃避することで、気持ちをリセットできる効果など、様々な効果を得ることができます。

森のえほん館おすすめの0歳児向けの読み聞かせ絵本

20160414

森のえほん館は、紙の絵本では体験できない、音も一緒に楽しむことができる絵本をたくさん揃えています。

早速、メニュー>0-2歳から読んでみてください!

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

♡「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所はこちら♡

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

380冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
https://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ