こんにちは! 絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのうえこです。
 
突然ですがみなさん、Twitterの  “#夏休みの戦う昼ご飯” というハッシュタグはご存知でしょうか?

夏休みに入ってお昼ごはんをつくらないといけなくなったママが発信した「共に乗り切ろうではないですか!」とつくられたハッシュタグ。始まりは数年前からのようですが、今も話題が続いていて、簡単に作れるレシピがどんどん更新されているお助けマンのようなハッシュタグです。
 

☆ご参考:togetterまとめ「#夏休みの戦う昼ご飯 がかなり戦っている!
 

私もご多分に漏れず、365日メニューネタ切れ綱渡り状態で、ひーひー言いながらなんとかご飯を作っている身。

よくPRチームの相棒きむこと「困ったときはお互い様よね(仏顔)」とメニューの教え合いっこをしているのですが、そのメニューをここで公開してしまおうと思います♪

火は使わない! 離乳食~大人までイケる あんかけ焼きそば ~所要時間5分~

中華丼完成版
 

材料

中華丼材料

・それぞれのレベルにあわせた中華丼のもと
・焼きそば
 
作り方
1.焼きそばの袋をちょっとだけ開けてレンジでチンする
2.必要により中華丼のレトルトを温めておく
3.焼きそばをお皿にあけ、中華丼のレトルトをかける
 
コツ・ポイント
・焼きそばの温め時間は500Wで2分前後。(お使いのレンジにより前後します)
・麺が熱くなるので、猫舌の人や子どもたちは無理にレトルトを温めなくてもOK!冷たいレトルトと熱い麺でちょうどいい温度になります。

今日は洋風で、明日は和風! 目玉焼きご飯 ~所要時間10分~

☆洋風編☆

洋風目玉焼き丼

材料

ご飯
ベーコン
色合い用の野菜(なくてもOK)
塩コショウなどのお好きな調味料

作り方
1.適当に切ったベーコンを炒める
2.目玉焼きを焼く
3.ごはんと賑やかしの野菜を飾る
4.ごはんの上に目玉焼きをのせる

 

☆和風編☆

和風卵焼き丼

材料

ご飯
ごま油
鰹節
色合い用の野菜(なくてもOK)
醤油、めんつゆなどのお好きな調味料


作り方
1.ごま油で目玉焼き焼く
2.ごはんと賑やかしの野菜を飾る
3.ごはんにかつぶしを添える
4.ごはんの上に目玉焼きを載せる
 
コツ・ポイント
・上にバジルやいりごまを振ってもおいしいです。
・火を使いたくなかったら、和風バージョンの目玉焼きをレンジで作った温泉卵にするとフライパン要らず!
 

豚のひき肉で他人丼 ~所要時間20分~

他人丼1
材料(約大人4人前)
たまねぎ 1/2
豚のひき肉 200g
ご飯
●麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ2弱
●だし汁(お水+顆粒だしでも)200cc
●みりん 小さじ2
●お砂糖 小さじ2
●溶き卵 5個分

作り方
1.たまねぎを薄切りにして炒める
2.少ししんなりしたら、ひき肉を投入して色が変わるまで炒める
3.●の調味料を入れて煮る
4.溶き卵を回し入れて蒸す。
5.お好みの卵の具合になったら、ご飯にかけて完成!

コツ・ポイント
・卵が少なかったら、後入れで足してもOK! 半熟とろとろのいい感じに仕上がります。
・ひき肉なので、煮る時間がなく時短になります。
・味付け用調味料の分量は、ほぼ「2」という数字でできているので覚えやすいです。

幼児食~大人までOKのお好み焼き 余ったタネはパパの夕食!~所要時間30分~

お好み焼きのコピー
 

材料
IMG_6692
キャベツ1/4
たまねぎ1/4
人参半分
鰹節2パック
あおさ 好きなだけ
顆粒だし 好きなだけ
●小麦粉200g
●お水200cc弱
●卵2個

作り方
1.●の材料を大き目のボールに混ぜる
2.フードプロフェッサーやミキサーで野菜をみじん切りにする
3.1と2を混ぜて焼いて完成

コツ・ポイント
・顆粒出汁や鰹節で味をつけているので、そのまま食べても優しい味でおいしいです。
・お好み焼きソースはお好みで
・みじん切りにするので、野菜から水分が多く出るので、お水は少なめでOK!
・タネが余ったら、パパの夕食やお酒のつまみにどうぞ~♪

 

メニューに困ったら、ぜひ作ってみて下さいね~!
我が家は明日、あんかけ焼きそばをしまーす♪

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
https://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ