こんにちは!
森のえほん館PRのきむこです。

先日スマホの写真を見直していたところ、昨秋観に行った長女のおゆうぎ会の写真が出てきました。
その時の演目は「おおきなかぶ」!
おじいさん役を先生が、おばあさん役以降をこどもたちの名前に置き換え、クラス全員、総勢20人以上でおおきなかぶをひっぱりました。
かぶが抜けたら全員でジャンプして大喜び!

あのときの感動をもういちど……ということで、今回は長女と「大きなかぶ」を読んでみました。

おおきなかぶ

NewImage.png

ロシア民話 絵・しなだ

■ストーリー
ロシアに伝わる民話です。ある日、おじいさんがかぶの種を植えると、大きな大きなかぶが生えてきました。一人で引き抜こうとがんばるのですが、なかなか抜けないのでいろんな人に助けてもらいます。
掛け声が楽しいお話なので、ぜひ家族などいろんな人と声を合わせて楽しんでください。
イラストを担当したのはしなださん。明るく元気なイラストで「おおきなかぶ」を描きました。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>世界の童話

 

かぶをひっぱる場面では、おゆうぎ会のときを思い出しながら、長女と二人で「うんとこしょ、どっこいしょ!」と声をそろえました。近くで別のおもちゃを振り回していた次女も、それを聞いてにっこり。と思ったら直後に次女が突進してきたので、もう絵本を読むどころではなく、家族3人わやくちゃになりました。

掛け声が楽しいのはもちろん、やわらかい色調ながらかぶを抜こうと汗を流してがんばる登場人物たちの表情も見ものです!
ぜひみなさんも読んでみてくださいね。

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

380冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
https://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ