じしんがきたら_表紙

じしんがきたら

作・文:森のえほん館編集部
絵:古賀ようこ
朗読:こうこ / 濱田沙穂 / 井上恵亮 / 松嶺悠香
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
学校の授業中の兄のもとに、バタン!バタン!グラン!グラン!と突然襲い掛かった大地震。揺れが収まり避難を始める途中、弟に出会います。町の人たちと一緒に高台へ逃げるとまもなく、ゴゴゴゴ……と津波が押し寄せてきます。怖がる弟に兄は大切なことを伝えます。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
パパママ読んでモード>カテゴリ>学習できる

■対象年齢
6歳以上

■クリエーター紹介

古賀ようこ

イラストレーター古賀ようこ

福岡県出身。 デザイン事務所勤務後フリーのイラストレーターに。
広告・雑誌・web等を中心に、色々な物を描いています。
ラジオ、昭和ファンシーグッズ、DIY好き。

http://kogayo.com

 

ストーリーのこだわり

今回の絵本は、すでに配信されている弟を主人公にした『うみのかいじゅうがきた』の中にも登場する、兄を主人公としたストーリーです。

地震がきたらどうするのかを考えて行動することの他に、自分も含めて1人でも多くの命が助かるためにはどうすべきなのか、も伝えています。

zishingakitara_1

『うみのかいじゅうがきた』は弟目線での震災体験なので、怖がる表現を多く入れていますが、兄目線のこの絵本では、どんな行動をするべきなのかをより強く伝える内容になっています。小さな子供たちにその意味を伝え、少しでも理解してもらえるように、兄は、憧れのヒーロー的な「お兄ちゃん」で描かれています。

森のえほん館から伝えたいこと

今回、ナレーションで兄役を担当していただいた、こうこさんは岩手県出身の方で、実際にご友人や知人などが、被災されてしまったそうです。実際に被害にあった場所を見に行って、様々な思いをされたそうですが、地元の人たちがみんな笑顔だったのが印象的だったそうです。今回はその思いを込めてナレーションをしてくださいました。

 

 

この記事を書いた人

編集長たみ。8歳と5歳の姪っ子がいるおばさん。

私にも東北出身の友人がおり、自身の実家が流されて家も思い出も全て消えたと聞いたときは、本当に心が痛かったです。その時友人が言っていたのは「家族みんな生きていること。それだけでいい」ということでした。

 

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ