さんびきのこぶた
原作:イギリスの昔話
絵:のん☆
朗読:蒼樹里緒/小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
「さんびきのこぶた」は、イギリスに伝わる昔話です。
こぶたたちに襲いかかるオオカミ。三番目のこぶたの努力と知恵でオオカミをやっつけます。
努力することの大切さを学ぶ絵本です。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>世界の童話

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエーター紹介

%e3%81%ae%e3%82%93%e2%98%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8fのん☆

えほんが好きです。
うさぎを愛でながら、デコメ・イラストを描いています。
http://miimaru.jimdo.com/

 

こぶた達を通じて努力の大切さを学ぶ、おなじみ童話

ママパパが小さな頃に慣れ親しんだ絵本。
自分のお子様も同じ作品を楽しんでくれたら、なんだか嬉しくなりますよね。

「森のえほん館」には日本の昔話や世界の童話も揃っているので、
「昔読んだあの絵本」をいつでもお楽しみいただけます。

今週の新作は、イギリスに伝わる昔話「さんびきのこぶた」。
既に「森のえほん館」で配信されていた絵本ですが、
より小さなお子様でも気軽に読めるように、文章をリメイクしました。

 

☆絵本の内容☆

burogu02
あるところに、さんびきのこぶたがいました。
こぶた達はそれぞれ家を作ります。
長男、次男のこぶたは、身近な材料を使ってあっという間に家が完成。

burogu03
三男のこぶたはレンガを使い、じっくりゆっくり頑丈な家を作ります。
「やーい、まだ出来てないのか?」
長男、次男のこぶたは、そんな三男を笑いますが……

burogu04
オオカミが襲ってきて、大後悔。
簡単に作った家はすぐに壊されてしまいます。
「レンガの家に逃げよう!」

burogu05
レンガの家にもオオカミが。
はたして、こぶた達はオオカミをやっつけられるでしょうか?

 

三男こぶたの努力を学ぶことの出来る、伝統の名作絵本です。
「森のえほん館」で是非チェックしてみてください!

 

この記事を書いた人

企画・編集担当サンコ。
「さんびきのこぶた」子どもの頃から知っているお話ですが、
自分が三男のように出来ているかと考えると……反省しました!
伝統絵本から学べること、大人になってもいっぱいあります……

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ