作・文:森のえほん館編集部
絵:ゆっちょ
朗読:こうこ / 夏目桂輔
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
「ぷー」「ぶー」「ぷすー」
家族みんながくっさーいおならをすることに怒ったママは…
可愛らしくて笑える「おなら」の絵本です。
色んなおならの音や形をお楽しみください!

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエイター紹介

ゆっちょ
カラフルで楽しい世界を描くイラストレーター。
ポップで楽しげな世界観で、子供や動物を描くのが得意。
家ではイラストなどのお仕事をしつつ、イベントやネット販売でイラストグッズを売ったり、似顔絵屋さんをしたりしています。
http://ucchimo.com/

 

おならの音の違いはもちろん、おならの形にも注目

今週の新作絵本のテーマは、ズバリ“おなら”です!
子どもたちは「おなら」や「うんち」などの言葉が大好きです。
なぜ、そんなに「おなら」や「うんち」が好きなのか。
その理由のひとつに“言葉にするだけで、大人たちが反応してくれる”というものがあるそうです。
そんな子供たちの思いも感じながら親子で笑いあって楽しんでもらえたら嬉しいです。
 
 
☆絵本の内容☆
赤ちゃんが「ぷーっ」とおならをします。

ママは「くさーい」とリアクション。

さらに、お姉ちゃんも「ぷ・ぷ・ぷ・ぷー」とおならを4連発!

ママは「くさーい」と怒り始めます。

さらに、お兄ちゃんもお父さんもくさーいおならをして、ママの怒りは頂点に!?
一体どんな結末を迎えるのでしょうか。
ぜひ、アプリでお確かめください。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。

実家にあるホームビデオには
3歳の頃の自分が自作の「うんちの歌」を大熱唱している映像があります。
その頃の自分にも喜んでもらえる絵本になるように制作しました。

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ