おばけのシーシー

作:森のえほん館編集部
絵:イケウチリリー
朗読:蒼樹里緒/小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
電車や飲食店、スーパーなどで騒いでいる子どもたち。
ママやパパが「シー」と注意をしても言うことを聞きません。
そんな悪い子の前には、おばけのシーシーがやってきて…。
怖くて楽しいしつけ絵本。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエーター紹介

イケウチリリー
鳥取県出身。杉並区在住。鳥取環境大学卒業。
大工から、イラストレーターに転身。セツ・モードセミナー、渋谷アートスクール卒業。ほんわか、楽しいイラストを描き幅広い媒体で活動中。
https://lilie-ikeuchi.jimdo.com/

元気でやんちゃな子供たちに送るしつけ絵本

元気いっぱいの子どもたち。時には、公共の場で騒いでしまうこともありますよね。
子どもと外出する度に「騒いで迷惑をかけてしまうかも…」と、
不安になるママやパパもいるかもしれません。
今週の新作は、そんないつでもどこでも大騒ぎするやんちゃな子供たちに送るしつけ絵本です。


電車の中で騒ぐ元気な男の子
ママが「静かにしなさい。シー」と注意しても全くいうことを聞きません。

すると、「シー」という声を聞きつけた“おばけのシーシー”がババーンと登場。

言うことを聞かない悪い子には、おばけのシーシーからこわーいお仕置きが…。

電車以外にも、
飲食店やスーパーなどで騒ぐ子供たちが登場。
おばけのシーシーはどんなお仕置きをしかけるのでしょうか。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。

お菓子欲しさにスーパーの中で泣いていたのを覚えています。
あの頃の私は、涙を武器にしてました。

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ