ことばマジックショー表紙
作・文:森のえほん館編集部
絵:Nabeco
朗読:井上恵亮
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
不思議な「言葉のマジックショー」がはじまるよ!
“カメラ”から1文字減らすと“ある動物”に早変わり!
マジシャンは次々とマジックを披露します!
何に変わるか分かるかな?

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>学習できる

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエイター紹介
nabeco_prof
Nabeco
『げんき!たのしい!かわいい!』をコンセプトに、伝わりやすく親しみやすいイラストで、主に児童・女性向け、育児・知育・教育関連のイラストやキャラクターを制作。子供や動物、コミカルなおじさんモチーフが得意。
http://nabeco.net/

 

マジシャンが披露する“言葉マジック”をクイズ形式で出題

保育園に行くようになると、これまで知ることのなかったいろいろな言葉を使うようになり興味の幅もどんどん広がっていきます。
幼少期の言葉の学習は、子どもの思考力や記憶力を向上させるとても効果があるのだそう。
今週の新作は、楽しく言葉の学習ができる“言葉遊び”の絵本です。

 

☆絵本の内容☆
「言葉を使ったマジックをお見せします」とマジシャン。
 
「“カメラ”から一文字減らして“動物”に変えてみせましょう!」と宣言します。
 
カメラに布を被せると・・・
 
あら不思議!カメラがカメに早変わり!
 
絵本の中では、他にもたくさんのことばマジックを披露します!
みなさんも、何に変わるか一緒に考えて見てください。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。

この絵本を通して、
言葉の不思議さや楽しさを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ