くつしたくんはどこにいる?

作・文:森のえほん館編集部
絵:のん☆
朗読:松嶺悠香 / 井上恵亮
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
「脱ぎっぱなし」をテーマにしたしつけ絵本。
脱ぎっぱなしがきっかけで見知らぬ場所に来てしまった靴下くん。
自分がどうなるのか不安に思う靴下くんの気持ちを通してお片づけの大切さを楽しく知ることができます。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエーター紹介

%e3%81%ae%e3%82%93%e2%98%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8fのん☆

えほんが好きです。
うさぎを愛でながら、デコメ・イラストを描いています。
http://miimaru.jimdo.com/

 

脱ぎ捨てられた靴下くんの気持ちを通してお片づけの大切さを学ぶ

靴下の脱ぎっぱなしに悩むお母さんは、多いのではないでしょうか?
子供が脱いだ靴下がリビングや玄関から見つかり、片付けるのはいつもお母さん。
ご家庭によっては、お父さんの脱いだ靴下も片付けなければならず大変な思いをしている方もいるかもしれません。

今週の新作絵本は、そんな悩みを解決する「脱ぎっぱなし」をテーマにしたしつけ絵本です。

物語は、ゆうとくんが履いていた靴下くんを放り投げたことから始まります。

投げられた靴下くんが気がつくと、そこは見知らぬ場所。
不安のあまりブルブル震える靴下くん。
はたして、彼の運命は!?

物語の最後には、脱ぎっぱなしをなくすための“お片付けのヒント”も描いています。
子供はもちろん、脱ぎっぱなしが治らないお父さんにも読んでいただきたい一作になっています(笑)
ぜひ、おたしかめください。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。

“靴下の脱ぎっぱなし問題”は、どこの家庭でもあるようで、えほん館チームからも数々のエピソードが飛び出しました。ただただ反省するしかない男性陣の姿が印象的でした…

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ