TOP_202009

夏が終わり、本格的な秋に差し掛かりました。
気温の寒暖差が激しく、先日まで冷房を入れていたとは思えない寒さです。
お身体にはくれぐれもご注意下さい。

それでは、「2020年9月」に読まれた数が多かった絵本ランキングTOP10を発表します!
※殿堂入り絵本は除きます
⇒殿堂入り絵本一覧

1位: でんしゃくん大ピンチ

でんしゃくん大ピンチ

作:森のえほん館編集部
朗読:小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

大人気絵本シリーズ「でんしゃくん」最新作です。
乗車マナーが悪いと、でんしゃくんが怒りだします…というより泣き出します。
今作で初めて、でんしゃくんの内部が公開されましたが、
意外とシンプルです。

2位: へんしん!ポンッ!はらぺこたぬき

へんしん!ポンッ!はらぺこたぬき

作・文:森のえほん館編集部
絵:いちかわのぞみ
朗読:谷川麻依香、木田航平
編集:森のえほん館編集部

動物たちの優しさに感動できると話題の絵本です。
タヌキが得意の変身でいたずらを仕掛けますが、
相手のレスポンスに逆に困ってしまう様が微笑ましいです。

3位: ロボットちゃんのおそうじ

ロボットちゃんのおそうじ

作・文:森のえほん館編集部
絵:稲葉貴洋
朗読:宮崎綾子/小林紗矢香
編集:森のえほん館編集部

お掃除のお手伝いに奮闘するロボットちゃんの絵本です。
人間の代わりに機械が様々な仕事をこなしてしまうという
AI時代的なものが、より現実的なものになった昨今ですが
やはり機械には限界があるようで…。

4位: おなら ぷーぷーぷー

おなら ぷーぷーぷー

作・文:森のえほん館編集部
絵:ゆっちょ
朗読:こうこ / 夏目桂輔
編集:森のえほん館編集部

おならは健康のバロメーターで、科学的にも重要な要素なのですが
音や言葉、リズムでおなら自体を表現することによって
なんだかとってもユニークなものになります。
そこにフォーカスを当てた絵本です。

5位: トイレにいこう!パンツマン

トイレにいこう!パンツマン

作・文:森のえほん館編集部
絵:TOKUDOME
朗読:板垣優稀/相馬優
編集:森のえほん館編集部

トイレに行かないとどうなるのか、ぜひパンツマンを通じて学んでほしいと思います。
あれだけ大変だったトイレトレーニングが
ちょっと楽しく、もしかしたら楽になるかもしれません。

6位から10位までまとめて発表!

6位: くまちゃんえほんその1『なにになりたい?』

なにになりたい?

将来どうするか、みんなで話すと楽しい。

7位: えいようせんたい ヤサイレンジャー

えいようせんたい ヤサイレンジャー

バランスの良い食生活を。

8位: すっぱいかお!!

すっぱいかお!!

豊かな表情は、表情筋のトレーニングになります。

9位: でんしゃくんのトイレ

でんしゃくんのトイレ

トイレは早めに済ませてしまいましょう。

10位: コジコジがやってきた

コジコジ

さくらももこ先生の絵本「コジコジ」の大人気作品です。

2020年9月度のランキングは以上です。

秋といえば食欲や読書、スポーツなど、暑い夏に比べると
落ち着いてやれることが増えていきます。
外出しづらい昨今、自分にとって何が必要か、
家で楽しめそうなことは何か、改めて考えてみると新しい発見があるかもしれません。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150運営担当デヴィ

寒くなってきたので久々にマグカップを取り出し
昨年購入した紅茶やハーブティーを飲みながら
貴族感を出しておうち時間を全力で過ごしています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ