こんにちは! 絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのうえこです。

娘の通う保育園では、外国人の先生が英語を教えてくれる日があります。先日の発表会で子どもたちが成果のお披露目をしていたのですが、発音が“日本語英語”ではなく、先生と同じ発音でびっくり!

子どもはまだ文字が読めない代わりに、耳がよくて聞き取りが上手、さらに、マネっこが得意だから、上手に先生のマネをして発音できる、ということなのでしょうか?

娘の可能性や吸収力も育てていけたらなぁ、だけどなかなか英語を教えたり習い行くのはちょっと難しいな、なんて思っていた矢先に「森のえほん館」で英語の絵本があったことを思い出しました!

 

配信中の英語の絵本は“幼児から学べる英語“をテーマに、「森のえほん館」の特徴である、プロの音声と字幕の機能を生かしたもので、音声では正しい発音の英語が聞けて、字幕では英文を見ることができるようになっている絵本です。

今日は英語絵本の中から“はじめてのえいごシリーズ”の1冊をご紹介します。

Copycat Animal Picture Book はじめてのえいごえほん

965

作/翻訳・森のえほん館編集部 絵・猫丸

■ストーリー
「にゃあにゃあ なくよ これなーんだ?」みんな、じょうずにまねっこできるかな?
「ぴょんぴょん」「めえめえ」「がおー」など、音に着目した図鑑風の絵本です。
シルエットと擬音をつかったクイズ形式で、おこさまにいろいろな動物を紹介します。

■説明
「はじめてのえいごえほんシリーズ」は、幼児から学べる英語の読み聞かせ絵本です。
自動で再生される音声は、短い文章をはっきりした発音でゆっくりと読んでいるため、初めて英語を耳にするお子さまにもピッタリ。親子でいろんな動物の名前や動物の鳴き声を「聞いて・見て・まねて」お楽しみください。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>幼児から学べる英語

 

『Copycat Animal Picture Book』は、動物の名前と鳴き声を教えてくれる絵本です。子どもが大好きな動物が出てくるのと、鳴き声を真似っこして遊びながら読み進めるので、配信している英語絵本の中でも、特に読みやすい1冊だと思います。

うちの子は英語に興味があるのかな、というのを探ってみる参考に見てみたり、とりあえず音楽の代わりに音声を流しておいてみるというのもいいかもしれません。

よかったら試してみてくださいね♪

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

370冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ