2016年も残りわずか…ということで、今年の新作絵本の中から、たくさんの子供たちに読まれた絵本ベスト10をランキング形式で発表します!

1位:ゴーストハウスにいこう

1083

月間ランキングでも常連の、海外のおばけたちが登場する絵本です。次はどんなおばけが出てくるの?とハラハラドキドキして読みながら、色々なおばけの名前を覚えることができる知育絵本です。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>季節や行事を知る

2位:ラプンツェル

1073

ディズニー映画にもなっているグリム童話。高い塔の上に閉じ込められてしまったお姫様と、王子様の恋のお話は大人もキュンとします。アニメ風のキラキライラストがプリンセス大好きな女の子のハートを虜にする絵本です。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>世界の童話

3位:どっちかな?ひだりみぎだいぼうけん

1077

コミカルなイラストと、昔のファミコンのような音楽が楽しい、ゲームのような絵本です。罠がいっぱいの宝島を、海賊姉弟と一緒に大冒険しながら、右と左を学ぶことができる知育絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>学習できる

4位:エスカレーターなんかこわくない

1049

様々な構図でダイナミックに描かれたイラストはインパクト大!子供にとっては怪獣みたいに怖いけど、きちんと乗れば大丈夫、とエスカレーターの安全な乗り方を学ぶことができる学習絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

5位:うたおう なっとう ねーばねば

1102

かわいらしい納豆たちと一緒に、楽しく歌いながら栄養価の高い納豆に、より親しみをもってもらうための食育絵本です。「なっとう~ね~ばねば♪」の歌が、子供だけではなく大人もやみつきになります。

■本棚の場所
カテゴリー>学習できる

6位:押忍!おむつおうえんだん

1055

トイレトレーニングは、子供を叱らずに楽しく続けさせることが、より効果的と言われています。おむつおうえんだんが、トイレを頑張る子供を励まして応援くれる、しつけに役立つ絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

7位:ハッスル!マッスル!ベジタブル!

1058

ハイテンション&マッチョな、野菜たちの筋肉自慢コンテストの始まり!最後まで読んだら、野菜を好きになってしまうかもしれない仕掛けがたくさん込められた食育絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

8位:もしもし?もしもし!

1070

次は誰から電話がかかってくるのかな?と想像しながら「もしもーし!」と繰り返すことで、子供でもわかりやすく電話の掛け方や取り方を学べる絵本です。電話をかけてくるのは誰か、着信音にご注目ください。

■本棚の場所
カテゴリー>学習できる

9位:リストくんえほん5:リストくんのたんじょうび

1067

森のえほん館のマスコットキャラクター、リストくんの誕生日にちょっとした事件が起きます。独り占めせずにみんなで分けあった方が楽しい、というやさしい気持ちを育む絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ

10位:おおきなかぶラップ

1092

あの名作絵本『おおきなかぶ』をポップでキュートなイラストと、ノリノリなオリジナルラップでリメイク。絵本の中のみんなと一緒に「うんとこしょ!」とリズムに合わせて掛け声を出したくなる楽しい絵本です。

■本棚の場所
カテゴリー>世界の童話

■この記事を書いた人

編集長兼運営担当たみ。7歳と4歳の姪っ子がいるおばさん。

この間、家に泊まりに来たとき準備した朝ご飯は、2人が愛する納豆ごはん。なんとおかわり3回。大人以上に平らげ、炊いたお米は完食。食後はもちろん「なっとう~ね~ばねばねばねばしてる~♪」と歌っておりました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ