メリークリスマス!森のえほん館PRのうえこです。
今朝起きたら娘のところにサンタさんが来ていました♡みなさんのお家にも来ましたか?

素敵なクリスマスを過ごしてくださいね♪

 

さて、昨日に引き続き、「森のえほん館」2015年の絵本人気ランキングTOP10を発表します!!
今日は1位~5位までの発表です! どの絵本が年間1位になったのでしょうか?

 

それでは発表します!

 

第1位:ムシバキンをやっつけろ!

981

作・あかしまゆこ 絵・みやざきこゆる 編集・森のえほん館編集部

 

■ストーリー
どうして虫歯になるのかな?
ムシバキンの好きなものやムシバキンが嫌いなものを通して、お子さまにハミガキすることの大切さを教えるしつけ絵本★ぜひ、ハミガキが嫌いなお子さまに、読み聞かせをしてください。

 

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

 

第2位:おばけやしきにいこう

996

作・森のえほん館編集部 絵・白菜

 

■ストーリー
おばけやしきにやってきた!きみは最後までたどりつけるかな…?
お子さまに恐怖を与えすぎず安心して読めるよう、森のえほん館編集部が編集しました。
たくさんのお化けが登場しますので、いくつお化けが登場するかお子さまと数えてみてください。

 

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>季節や行事を知る

 

第3位:COWCOWのさかさになっちゃった!

321

作/朗読・やまだよし&ただけんじ 構成・しまもりなつこ 絵・いとのりけんたろう

 

■ストーリー
COWCOWのふたりが、身近な言葉のさかさま読みを楽しいリズムとツッコミで紹介していきます。
ホットケーキのさかさは?キーケトッホ。さかさにしたら、ほら、ふっくらおいしそう♪
カミナリゴロゴロのさかさは?ロゴロゴリナミカ。さかさにしたら、かみなり様が空から落っこちてきた!

クイズのように次々と現れる、さかさ言葉にチャレンジしながら、さかさになった絵の世界に、思わず笑ってしまう。いろいろな角度からものをみることの面白さを発見できる、言葉遊び絵本です。

この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

 

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ

 

第4位:ねむたくなるえほん

323

作/絵・みやがわだいすけ 構成・まつむらしんぺい/たしろひろし

 

■ストーリー
子どもがどうしても寝てくれない。そんな時、この「ねむたくなるえほん」が大活躍!
動物たちがすやすや眠る様子をお笑い芸人の宮川大輔さんが優しいタッチで描きました。

ネコ、カバ、ゴリラ、カメレオン。ページをめくるたびに現れる動物たちは、どんな寝顔を見せてくれるでしょうか?

この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

 

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ

 

第5位:えんまさまのしつけえほん ~おふろ・おやすみへん~

515

絵・白菜

 

■ストーリー
お風呂が嫌いではいらない子はいないかな?
遊んでばかりで、夜にお布団にはいらない子は?
わがままな悪い子には、えんまさまが地獄でお仕置きを…。

こわ~い、えんまさまによる、しつけの絵本。
様々な日常シーンから、今回は「おふろ」と「おやすみ」をピックアップ。
迫力たっぷりのえんまさまとお仕置きは、大人でも怖い仕上がりです。

※小さなお子さまには、お父様、お母様が一度内容を確認してからの読み聞かせをおすすめします。
■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ

 

みなさんのお気に入りの絵本はランクインされていましたか?
しつけに役立つ絵本は私も悩んでいることだったりするので「わかるっ!!わかるわ~」なんて言いながらランキングを眺めてしまいました!

まだ読んだことがない絵本があったら、ぜひ読んでみてくださいね♡

 

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

370冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ