たなばただいさくせん

たなばた だいさくせん!

作:森のえほん館編集部
絵:miyako
朗読:高橋すみれ / 蒼樹里緒
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
コミカルなストーリーを通じて、七夕について知ることが出来る絵本です。
ドカーン!七夕の日、空から織姫が落ちてきた!?
「織姫と彦星を会わせてあげよう!」子ども達の七夕大作戦がはじまります。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>季節や行事を知る

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエーター紹介
miyakopmiyako

こどもや動物を主なモチーフにほのぼのしたイラストを描いています。
児童書・絵本などの分野で活動中。

http://miyako385.net/

 

もうすぐ七夕!短冊でどんなお願いをする?

7月7日は七夕!みなさんは短冊にお願い事を書きましたか?
幼稚園や保育園で七夕イベントがあったり、スーパー等のお店でも短冊コーナーがありますよね。

小さなお子様のお願い事は夢がいっぱい!
きっと大きくなったら聞くことが出来ないような、今だけ!のお願い事がたくさんあると思いますので、
ぜひぜひ、ご家族で七夕イベントをお楽しみください。

今回は、小さなお子様でも楽しく七夕を知ることができる
コミカルな新作絵本「たなばた だいさくせん!」をご紹介いたします。

七夕1
いきなりですが織姫が空から落ちてきましたドカーン!
保育室の子ども達&先生は、織姫を空に帰してあげるために
ジャンプ大作戦、風船大作戦、鳥さん大作戦……を実行しますが
なかなかうまくいきません。
そこで……

七夕3
「短冊でお願いしてみよう!」
はたして、織姫はお空に帰れるでしょうか?

短冊、織姫、天の川……といった七夕ならではのものがたくさん登場します。
コミカルなストーリーを通じ、七夕の文化に触れることが出来る絵本ですので、
「はじめて短冊を書いてみたい!」「幼稚園で七夕イベントがある!」というお子様に是非読んでいただきたい作品です。

一緒に読みたい、七夕伝説の絵本

ところで今回の新作絵本「たなばた だいさくせん!」では彦星は出てきません!
ですがご安心ください。森のえほん館にはもう1作、七夕の絵本がございます。

七夕2
織姫と彦星の伝説を、分かりやすい絵本に編集しました。
七夕伝説にはじめて触れるお子様はもちろん、
「織姫と彦星のお話ってどんなのだっけ……?」なパパママにもおすすめです。

七夕絵本を読んで、文化のお勉強もバッチリ!
森のえほん館の絵本をぜひご活用ください。

 

この記事を書いた人

企画・編集担当サンコ。暑さに弱いです。

大人になって、なかなか七夕イベントに参加できる機会がありません。
お店などにある短冊コーナー、大人が一人で書いてても大丈夫でしょうか……

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ