おねぼうバス

作:森のえほん館編集部
絵:さきとも
朗読:高津麻都香/高橋すみれ
編集:森のえほん館編集部

■絵本の内容
バス君は、動物たちを動物園に送り届けることがお仕事。
ある日、寝坊をしてしまい大急ぎで動物園に向かうことに。
しかし、慌てて出発した事が原因で思わぬハプニングが発生してしまい…。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリ別>しつけに役立つ

■対象年齢
3歳~6歳

■クリエイター紹介
profile-1.png

さきとも

ゆるくて、シュールなキャラクターを描いてます。
ハンドメイドのイベントなどでも活動中です!
http://tomcompany829.wixsite.com/sakitomo

様々なハプニングに巻き込まれるバス君の慌てふためく表情にも注目

朝、子どもがなかなか起きてくれず、いつも遅刻の心配をしている親御さんもいらっしゃるかもしれません。今週の新作絵本は、そんな朝寝坊が原因で巻き起こるドタバタ劇を描いた絵本です。


朝。動物園行きのバス君を待つ動物たち。
でも、予定時刻になってもバス君が現れません。

遅刻の原因はお寝坊。バス君は、猛ダッシュで走ります!

開演時間に間に合うように、いつもより多くの動物を乗せ大急ぎで動物園へ向かいますが…

あまりの重さに耐えきれず坂の途中でエンジンが停止!大ピンチです!
果たして、バス君はみんなを動物園に無事に届けることができるでしょうか。

寝坊をしてしまうと、朝ごはんもしっかりと食べられませんし、身支度にもばたつくばかり。園のバスに間に合わないこともあるかもしれません。
バス君のようにドタバタしないためにも、寝坊をせずスッキリと目覚められる生活を心がけたいですね。

この記事を書いた人

hayashi_colored-150x150企画・編集担当 ハヤト。ポッコリお腹のヒゲメガネ。

この頃は、夜何時に寝ても早朝の決まった時間に目が覚める体質になってきました。老いが目の前に??

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ