新作:恵方って?意外と知らない節分を学ぶ絵本『えほうってなあに?』

えほうってなあに?2017 北北西編 作:森のえほん館編集部 文・倉沢はすみ 絵:松尾達   ■絵本の内容 節分の日に食べる「恵方巻き」について学べる絵本。 今年の恵方は「北北西」。 好奇心旺盛なカズくんが恵方を旅するコミカルなお話です。 ■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所 カテゴリ別>季節や行事を知る ■対象年齢 3~6歳 ■クリエーター紹介 松尾達 イラストレーター。シュールでゆるいタッチのイラストやマンガを描くのが得意。好物はあんこ(こしあんより粒あん)。 http://matsuotoru.com/     今日の新作は、節分に食べる「恵方巻き」について学べる絵本です。 ここ数年は、豆まきだけでなく海苔巻や恵方巻きを用意して節分に食べる、というご家庭も増えたのではないでしょうか。 とはいえ、子どもたちに「えほうってなあに?」「どうやって食べればいいの?」と聞かれると、案外返答に困るパパママもいらっしゃると思います。そんな時に、意外と知らなかった恵方巻きの秘密(トリビア)を学べます。 また、この作品の売りは、単なる「恵方巻き」の説明だけに終わらないストーリー展開。 主人公のかずくんは、今年の方角といわれる「北北西」を向いて、目の前にある地球儀を眺めながら「えほうのほうがくのさきってなにがあるのかな……」と考えます。 その一説がこちら。   (ここから...
2017年1月27日0 DownloadsDownload