201812

2018年12月に読まれた数が多かった絵本ランキングTOP10を発表します!
12月の新作絵本に加え、クリスマス絵本もランクインしました!

1位: のっぺらぼうが いるぞ

のっぺらぼうがいるぞ
原作:日本の昔話
絵:SAKAMOTTI
朗読:高橋すみれ / 高津麻都香
編集:森のえほん館編集部

子どもを狙う不審者の影………一人で勝手に出歩くと、のっぺらぼうが現れる!?
怖いおばけを通じて、小さなお子様の危険を学ぶ絵本です。

2位: クッキングアドベンチャー

クッキングアドベンチャー

作・文:森のえほん館編集部
絵:ICHIGEN
朗読:丸山徹
編集:森のえほん館編集部

魔法でサンドイッチ作り!?ファンタジー世界を冒険!
幻の洞窟のハムに、泳ぐニワトリ、マヨネーズの滝。
伝説の食材を集めよう!
サンドイッチの食材を楽しく知ることが出来ます。一緒に作ってみてね!

3位: ばあ!

ばあ!
作・文:森のえほん館編集部
絵:いまうらさくら
朗読:濱田沙穂
編集:森のえほん館編集部

「いないいない」のあと、どんな顔が出てくるのかな?
0~2才向けのお子さまを対象にした、「いないいないばあ」絵本です。
「ばあ!」のいろいろな表情から、感受性を育むことができます。

4位:  トナカイくんとまほうのこな

トナカイくんとまほうのこな

作・絵:SAKAMOTTI
朗読:蒼樹里緒

SAKAMOTTIさんのオリジナル絵本です。
なんとクリスマスにカゼを引いてしまったサンタさん。かわりにトナカイくんが出かけることになったのですが、さて、無事にプレゼントを配ることができるのでしょうか。
サンタさんがくれた秘密兵器、“まほうのこな”の使いどころとは?おつかいを見守る気持ちで楽しめる、「こえほんクリスマス絵本コンテスト」入賞作。

5位:  ねこずかん

ねこずかん
作・文:森のえほん館編集部
絵:995
朗読:こうこ
編集:森のえほん館編集部

アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドをはじめ、様々な猫を可愛いイラストでご紹介。
それぞれの特徴も解説した親子で楽しく学べる絵本です。

6位から10位までまとめて発表!

6位:  ようかいたちのおしょうがつあそび

ようかいたちのおしょうがつあそび

7位: クリスマスのともだち

クリスマスのともだち

8位: 1+5=いちご

1+5=いちご

9位: サンタさんとおうちはどちら?

サンタさんとおうちはどちら?

10位: くつしたくんはどこにいる?

くつしたくんはどこにいる?

ランキング常連だった殿堂入り絵本はこちら

この記事を書いた人

企画・編集担当サンコ。
あけましておめでとうございます!
ランキング結果を見て、この絵本のこういう部分が良かったのかな?など、改めて考えました。
今年も楽しい絵本を制作できるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ