2017年11月の、読まれた数が多かった絵本ランキングTOP10を発表! 新作の絵本もたくさんランクインしましたよ!

11月絵本ランキング(ブログバナー)

1位:ゴシゴシはみがき

1 (1)

作・文:森のえほん館編集部
絵:ICHIGEN
朗読:Tiara
編集:森のえほん館編集部
協力:株式会社Prism

11月にもっとも読まれた絵本は、しつけに役立つ歯みがきの絵本、「ゴシゴシはみがき」!
クリエイターICHIGENさんのポップでカラフルなイラストと、シンガーソングライターTiaraさんの透明で素敵な朗読が子どもたちのハートをギュギュッとキャッチし、1位に輝きました!
これからはクリスマスやお正月などでごちそうを食べる機会も多くなるので、この絵本を読んでしっかり歯みがきして虫歯を予防したいですね。

 

2位:ねむたくなるむかしばなし

ねむたくなるむかしばなし_帯あり

作:森のえほん館編集部
絵:ゆっちょ
朗読:Tiara
編集:森のえほん館編集部
協力:株式会社Prism

ランキング第2位は、同じくTiaraさんが朗読してくださった寝かしつけ絵本「眠たくなるむかしばなし」。先ほどの第1位の絵本とはまた違った、穏やかで優しい寝かしつけの声が親子ともに眠りの世界にいざなってくれます。
子どもたちに大好きなくり返しのストーリーは、もちろん寝かしつけの時以外にも活躍! ゆっちょさんのコミカルなイラストで、思わず吹き出してしまわないようにご注意を。

 

3位:ハロー!うんち!

ハロー!うんち!

作:森のえほん館編集部
絵:ICHIGEN
朗読:蒼樹里緒 / 丸山徹
編集:森のえほん館編集部

第3位にランクインした絵本は大人気のうんち絵本「ハロー! うんち」。
こちらも、第1位にランクインした絵本と同じく、クリエイターICHIGENさんが手がけてくださいました。
飲み食いしたものに合わせて出てくるバッドうんちやグッドうんちたちの表情に、思わず笑ってしまうこと間違いなしの楽しい絵本です。

 

4位:でんしゃ ぷりんぷりん

でんしゃぷりんぷりん_表紙2

作・文:森のえほん館編集部
絵:松尾達
朗読:井上恵亮/蒼樹里緒
編集:森のえほん館編集部

第4位にランクインしたのは、11月24日に出たばかりのできたてほやほやな新作絵本「でんしゃ ぷりんぷりん」。
松尾達さんが手がけてくださった表紙のプリンのおいしそうなこと! 絵本の中には、他にもたくさんの感触の電車が出てきます。この電車はどんな音かな? とぜひオノマトペも考えながら読んでみてくださいね。

 

5位:はたらくきょうりゅうたち

恐竜_表紙用

作:森のえほん館編集部
絵:神保昌太郎
朗読:井上恵亮/こうこ
編集:森のえほん館編集部

第5位にランクインしたのは、森のえほん館初のきょうりゅう絵本「はたらくきょうりゅうたち」。
この作品に出てくる恐竜たちはひとりひとりみんな色も得意なことも違います。それぞれ違いのある恐竜たちが、その多様性を生かして橋を直す、という工事にチャレンジ。神保昌太郎さんのカラフルながら優しいイラストとともにお楽しみください。

 

6位から10位までまとめて発表!

6位:ロボットくんのおてつだい

表紙

 

7位:いけ!いけ!ラーメンたろう

表紙

 

8位:ぷくぷく おやすみ

ぷくぷくおやすみ(帯あり)

 

9位:がいこつくんのはらぺこディナー

がいこつくんのはらぺこディナー

 

10位:うたおうなっとうねーばねばイエーイ!

表紙

 

 

header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

 

 

 

この記事を書いた人

PRきむこ。5歳3ヶ月・2歳4ヶ月の2人の娘の育児中。

今月はクリスマスもあり、最近親子でよくクリスマス向けの絵本をよく読んでいます。森のえほん館でのお気に入りは「サンタさんはほんとうにいるの?」。長女は終盤に出てくるハートのイラストが、次女は途中に出てくる男の子のセリフ「ふんっだ!あっかんべー!!」がお気に入り。アナログでもデジタルでも、お気に入りの絵本をたくさん見つけてほしいなと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ