3月3日は桃の節句、ひなまつりです。今回は特別企画として、森のえほん館のスタッフのひなまつりをご紹介します。

世代によって変わってる?!スタッフのひな人形レポ

hina

PRうえこの娘のひな人形

娘は現在3歳。今年は自分でお飾りをしました。
最近のひな人形ならではの、きれいはお顔と今っぽい色の着物のお内裏様とお雛様がステキです。

ちなみに、娘はおだいりさ~まとおひなさまぁ~♪と歌いながら菱餅やお花、扇や刀を隠しては
「ママ、おひなさまやって!!!」と強要され
「あ゛----刀とられたーーーーーかえしてよーーーー」
「扇返して下さる~?」
とごっこ遊びをしていて、見ていてとても微笑ましいです。

編集長たみの姪のひな人形

実はこのひな人形は、元々は私の物で姪が生まれたときに譲りました。

元々、7段飾りのひな人形なのですが、自宅がマンションで狭かったため飾れず、上3段分のみという、イレギュラータイプです。
ザ、ひな人形!という定番の色合いの着物と顔をしたお内裏様とお雛様です。

PRきむこの娘のひな人形

なんと、このひな人形は、娘の祖母(私の母)が手作りしたひな人形なのです!世代を超えて伝わり大事に飾ることは、本当にステキなことです。

市販のひな人形にはない、手作りらしいあたたかさがお内裏様とお雛様のお顔からにじみ出ています。

ママたちはがんばる!ひなまつりのごちそうレポ!

ひなまつりといえば、ちらしずしが定番となっていますが、やはり女の子のお祭りということで、かわいくアレンジしたごちそうをふるまいたいですよね。
ここでスタッフが実際に腕を振るったひなまつりのごちそうをご紹介します。

hinagohan

ハート型おにぎり

デコふりかけで色付けしたごはんを100均一で買ったハートの型ぬきでかたちづくり、最後に塩漬けした桜の花をトッピングしたおにぎりです。

いちごとバナナのひな人形

イチゴを横半分に切って、間のお顔の部分にバナナを挟んだアイディアスイーツ。チョコペンで目鼻を書けば、かわいいおひなさまになります。

ひな人形ちらしずし

透明のグラス入れられた食材の層の彩がきれいなちらしずしです。上にはうずらの卵にゴマで目、海苔で髪の毛をつけたおひなさまを乗せました。

 ひなまつりの絵本『ひなまつりサンバ!!』も読んでね

1048

作・森のえほん館編集部 文・倉沢はすみ 絵・みやざきこゆる

お兄ちゃんのおもちゃたちが妹のおひなさまたちをサンバで歓迎!?おもちゃたちの勘違いを通して、ひなまつりを楽しく知ることができます。

 

おまけ

IMG_1966

編集長たみの姪が、幼稚園で作成したひな人形です。子供の想像力は無限大!

 

この記事を書いた人

編集長兼運営担当たみ。7歳と4歳の姪っ子がいるおばさん。

子供のころ、夜になったらお人形たちは動き回って遊んでいると、本気で思っていました。夜おなかすいたら、ひなあられ食べのだろうなとか、ずっと座っているから足しびれているんだろなとか、妄想が止まりませんでした。
header_ehonkan
blog用iosblog用アンドロイド

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ