こんにちは!森のえほん館PRのうえこです。
新しい環境になって、そろそろ子供たちもママも疲れが出てくる頃じゃないでしょうか。

去年の今頃、娘が慣らし保育に行き始めて、性格が(一時的に)豹変してしまい、どうしたらいいかわからない私は、よく娘を見ながら立ち尽くしていたことを思い出します。

娘は生まれたときから保育園に行き始めるまで、怒ることはほぼなく、だいたいゴキゲンな子でした。

あまりの変わりように保育園の先生に相談したときに「隠れていた本来の性格が出てきたのかもしれないですね……」「もしそうならこの先恐ろしいんですけど……」と会話したことを覚えています。

どんな様子かというと…

・気に入らないことがあるとその場にドスン!!!!! と座り、怒る怒る怒る!!
・物を投げる
・近くにいないと怒る
・抱っこ抱っこ抱っこ
・うまくいかないことがあると怒る、泣きわめく
・眠たいのに寝ない!! と怒る

こんな感じで、何かにつけていつも怒っていました。
我が家では「尖ったナイフ」「触れるものみな傷つける状態」と呼ばれていました。

一緒にいるときはだいたいベッタリ。たくさん抱きしめたりもしましたが、結局、この状態が落ち着くまでに、時間はかかりました。解決方法は「時間と慣れ」だったのかもなぁと今では思います。
娘の気持ちを考えると、こういう表現をしても仕方のないことですよね。

今年は進級で、先生と教室と生活リズムが変わったという変化がありました。やっぱり多少なりともいつもと様子は違います。

娘とこの絵本を一緒に読んでみようかな、と思っています。

だっこだっこ

8作/絵・こがようこ

■ストーリー
だっこの嬉しさ、あたたかさが伝わる絵本です。言葉のリズムも楽しく、いろんな動物が登場するため、小さなお子さんとのコミュニケーションに最適です。
大人が読んでも、どこか懐かしい気持ちで楽しめる、優しい作品となっています。
この「だっこ だっこ」は、古賀ようこさんによるオリジナル絵本で、クリエーター支援サイトCREPOSにて開催された「ぽかぽか絵本コンテスト」最優秀賞受賞作品です。

 

「だっこ」のところはぎゅっと抱きしめようと思います!
 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

♡「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所はこちら♡

『だっこだっこ』

カテゴリー>コンテスト受賞作品

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

380冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ