株式会社アイフリーク モバイル(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:上原 彩美、以下 当社)は、提供する、400冊以上が定額で読み放題のNo.1絵本アプリ「森のえほん館」で実施した、2016年4月から2017年3月末までの間に配信した新作の絵本、合計50作品の中から、印刷された絵本でも子どもに読ませたいと思う作品をユーザーの皆さまの投票で選出するアワード『森のえほん館大賞2017』の結果を発表いたします。

大賞受賞作品『すやすや おやすみ』

ehonkan2017_1

寝かしつけの時の読み聞かせ絵本『すやすや おやすみ』が大賞となりました。リラックスして心地よく眠りにつけるように工夫したこの絵本は、柔らかいトーンのイラスト、ゆっくりとしたナレーション、心休まるBGM、眠りを誘うシーンのくりかえしなど、寝かしつけに最適な要素がふんだんに入れられた内容が特徴的で、一緒に寝かしつけしている大人たちも、ウトウトしてしまいます。

投票されたパパやママからも「寝かしつけの時のお気に入りです。」「おはなしを見ながら、子供とのコミュニケーションがとれていいです。」といった声をいただきました。

特別賞受賞作品『うたおう なっとう ね~ばねば』

ehonkan2017_2

大賞作品と同等の投票があった絵本『うたおう なっとう ね~ばねば』を今回は「特別賞」として選出しました。

かわいい声と独特のリズムがやみつきになる絵本で、投票されたパパやママからは「文章だけでなく、歌などがあって子供があとから口ずさんでいた。わかりやすくて子供が好きな内容。」「リズムの良い絵本でママ耳に残ります。」と言った感想をいただきました。

2位~5位の受賞作品

ehonkan2017_2-5

2位の『いろいろなにいろ?クレヨンびようしつ』は、クレヨンの独特タッチと色が子供に人気の絵本です。3位は、お約束を通じて子供が学び成長を促す絵本『ゆびきりげんまんおやくそく』、4位の『おおきなかぶラップ」はポップなイラストと軽快なラップで名作をリメイクしました。5位は、着替えが好きになって欲しいという思いを込めた絵本『すっぽんぽんぽーん』となりました。

その他、入賞作品が6作品あります。詳しい内容は「森のえほん館ブログ(http://ehonkan.jp)」にて発表いたします。

『森のえほん館大賞2017』とは

『森のえほん館大賞2017』は、から2017年3月末までの間に「森のえほん館」で配信した絵本の中から、紙媒体でも子どもに読ませたいと思う絵本をユーザー様の投票で選出するアワード企画です。「森のえほん館」で配信している絵本を紙でも親しんでいただくことを目的としています。

今後も「森のえほん館」では、バラエティに富んだジャンルの絵本を取りそろえながら、子どもとパパ・ママのコミュニケーション創出や知的探究心の育成を支援いたします。

 

【株式会社アイフリーク モバイル 会社概要】
会社名:株式会社アイフリーク モバイル(東京証券取引所 JASDAQ市場上場 証券コード:3845)
代表者:代表取締役社長 上原 彩美 (うえはら あやみ)
設立:2000年6月
本社:福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目2番8号 住友生命博多ビル11階
東京支店: 東京都新宿区新宿2-1-11 御苑スカイビル10 階
事業内容:モバイルコンテンツ事業、ファミリーコンテンツ事業、コンテンツクリエイターサービス事業
URL:http://www.i-freek.co.jp/ (コーポレートサイト)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ