こんにちは! 絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのうえこです。

今日ご紹介する絵本『わいもくん たんじょうの巻』は、自分のことにしか興味がなかった「わいくん」が旅に出て、お友達に出会い、気持ちに寄り添えるようになるお話です。

まずは、この絵本を読んだユーザーの方からのレビューをご紹介します。

 

「人の気持ちがわかる人になって欲しい。友達、仲間が大切だっていう事が分かりやすく描かれていて素敵な絵本でした。画風も大胆で色使いも独特な素敵な絵本。」

「最初、棒読みみたいでふざけているのかなと思ったんだけど、後半の盛り上がりに本当に感動してしまったんだよ。ぼくもの名前も、わいもくん!」

その他にも、ウルフルズ トータス松本さんが朗読をされていることから、「印象に残る朗読」「力強い声」「子供が寝てしまった(笑)」という感想も。
 

この絵本、アプリの音声をオンにして読むのがオススメです!

わいもくん たんじょうの巻

108

絵と文・トータス松本

■絵本について
トータス松本、初の描きおろし絵本!
「わいもくんもいまわのくんもみんなOKだ」忌野清志郎(バンドマン)
「色が綺麗!画面からはみでる元気なキャラクターに圧倒!」たしろちさと(絵本作家『もりのこえ』著者)

みんながきっとスキになる!
たんじょうの巻の登場人物は3人と2匹。女の子の名前はうちもちゃんといいます。
ぼうやのフルネームはメタハン坊やです。ねこに名前はなく、ただのねこ。
かめもおなじくただのかめです。そしていうまでもなく物語の主人公はわいもくん。
 

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ

 

 
我が家の近くには子どもが多くいて、家の前で遊んでいると、近所の子どもたちが自然に集まってきて遊びだします。

少し前まではこの絵本に出てくる「わいくん」のように、まだまだ自分にしか興味がなかった赤ちゃんたちでしたが、だんだん大きくなってきて、少しずつまわりに興味を持ち出して、今では喧嘩をしたり、見つめ合って笑ったり、ハグしたりするようになりました。

「わいくん」のように、友達と遊んでいることが経験となって、いろいろなことを感じたりしながら育っていくのだなぁと感じます。

 
気持ちを育てる絵本。みなさんもぜひ読んでみてくださいね。
 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ