こんにちは!
絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのきむこです。

2016年の父の日は6月19日(日)!
そこで、今週は父の日ウィークと銘打って、パパと子どもに読んで欲しい「森のえほん館」で配信中の絵本をご紹介していきます。

水曜日の第三弾は、「すべらない話」や「お祭り男」で老若男女問わずファンが多い、宮川大輔さんが作・朗読・さらに絵も描かれている絵本『ねむたくなるえほん』をご紹介します。

その名の通り、子どもがなかなか寝てくれない時に読みたい寝かしつけの絵本。実際の親御さんから「読むと子どもが寝てくれる!」という声も寄せられている作品なんです。
 

~制作当時の宮川大輔さんから頂いたコメント~

「どんな絵本にしたら子どもは喜んでくれるだろうと考えながら絵本を作るというのはすごく楽しかった! 僕の絵本でちょっとでもみなさんのお役に立てればなと思います。実際に自分の息子にも早く見せたいです。」

ねむたくなるえほん

323

作/絵/朗読・宮川大輔 構成・松村心平/田代浩史

■ストーリー
子どもがどうしても寝てくれない。
そんな時、この「ねむたくなるえほん」が大活躍!
動物たちがすやすや眠る様子をお笑い芸人の宮川大輔さんが優しいタッチで描きました。

ネコ、カバ、ゴリラ、カメレオン。
ページをめくるたびに現れる動物たちは、どんな寝顔を見せてくれるでしょうか?

お話を読むのも、宮川大輔さん。
静かな音楽と大輔さんの柔らかい語り口で、子どもたちは、本を読み終わる前にうとうとしてしまうかもしれません。

この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ

 

寝かしつけにぴったりの『ねむたくなる絵本』。ぜひパパとお子さんとで読んでみてくださいね♪


+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ