こんにちは!絵本読み放題アプリ「森のえほん館」PRのきむこです。

昨日、運営のたみがブログでご報告したとおり、「森のえほん館大賞2016」が発表されました。みなさんご覧になっていただけましたか? 堂々の大賞は「ぼくはシャンプーたまねぎマン」!

本作は過去のランキングに登場していたくらいの人気作。受賞作品特別動画「20秒で変身して名乗れるか!? チャレンジ!」も吹き出しちゃうくらいおもしろいんですよ! ぜひ音声を出してご覧になってみてくださいね。

最近お風呂が面倒になってきて、昨日もはだかんぼのまま1時間ぐずり続けた我が家の長女にも、今夜こそぐずりだす前に読ませる予定です……。

 

さて、今日は2016年5月に絵本読み放題アプリ「森のえほん館」で読まれた絵本の人気ランキングの発表です!

 

今月の絵本5月

 

第1位:おばけやしきにいこう

9961

作・森のえほん館編集部 絵・白菜

■ストーリー
おばけやしきにやってきた!きみは最後までたどりつけるかな…?
お子さまに恐怖を与えすぎず安心して読めるよう、森のえほん館編集部が編集しました。
たくさんのお化けが登場しますので、いくつお化けが登場するかお子さまと数えてみてください。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>行事や季節を知る
 
 
先月第2位をマークしていた「おばけやしきにいこう」がついにトップにランクインしました! これから怪談がさかんになる夏にかけて、ますます人気が出るかもしれませんね。

 

第2位:COWCOWのさかさになっちゃった!

3211

作/朗読・やまだよし&ただけんじ 構成・しまもりなつこ 絵・いとのりけんたろう

■ストーリー
COWCOWのふたりが、
身近な言葉のさかさま読みを
楽しいリズムとツッコミで紹介していきます。
ホットケーキのさかさは?キーケトッホ。
さかさにしたら、ほら、ふっくらおいしそう♪
カミナリゴロゴロのさかさは?ロゴロゴリナミカ。
さかさにしたら、かみなり様が空から落っこちてきた!

クイズのように次々と現れる、さかさ言葉にチャレンジしながら、
さかさになった絵の世界に、思わず笑ってしまう。
いろいろな角度からものをみることの面白さを発見できる、言葉遊び絵本です。

この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ
 
 
こちらも先月・先々月に引き続きランクイン。COWCOWさんのリズムとツッコミがおもしろくて心地よくて、つい何度も口ずさみたくなる、癖になっちゃう絵本です。

 

第3位:みんなでおべんと、おいしいね

995

■ストーリー
くまちゃんとうさちゃんとチョビの仲良し3人で楽しいピクニック♪
外でみんなと食べるお弁当はとてもおいしいものです。
みんなでおかずをおすそ分けし合いながら食べる、そんな食の楽しさを絵本でお子さまに感じていただけます。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ
 
 
4月28日に新作としてご紹介したマルハニチロの食育絵本がランクイン!5月は天気もよく、ピクニック日和だったからかな? みんなでお外でシートを広げて、わけあいっこしたりとりかえっこしながら食べるお弁当って、本当に格別ですよね。

 

第4位:ねむたくなるえほん

323

作/絵/朗読・宮川大輔 構成・松村心平/田代浩史

■ストーリー
子どもがどうしても寝てくれない。
そんな時、この「ねむたくなるえほん」が大活躍!

動物たちがすやすや眠る様子を
お笑い芸人の宮川大輔さんが優しいタッチで描きました。

ネコ、カバ、ゴリラ、カメレオン。
ページをめくるたびに現れる動物たちは、
どんな寝顔を見せてくれるでしょうか?

お話を読むのも、宮川大輔さん。

静かな音楽と大輔さんの柔らかい語り口で、
子どもたちは、本を読み終わる前に
うとうとしてしまうかもしれません。

この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>キャラ・有名人コラボ
 
 
第4位は、第2位と同じ「パパコ絵本」シリーズより、宮川大輔さんの「ねむたくなるえほん」が新たにランクイン。やさしいゆっくりした口調の朗読が、親も子もついリラックスしてうとうとしたくなることうけあいですよ。

 

第5位:ムシバキンをやっつけろ!

981

作・あかしまゆこ 絵・みやざきこゆる 森のえほん館編集部

■ストーリー
どうして虫歯になるのかな?
ムシバキンの好きなものやムシバキンが嫌いなものを通して、お子さまにハミガキすることの大切さを教えるしつけ絵本★ぜひ、ハミガキが嫌いなお子さまに、読み聞かせをしてください。

■「森のえほん館」アプリ内 本棚の場所
カテゴリー>しつけに役立つ
 
 
またまたこちらもランキング殿堂入りの名作です。敏感な口の中に歯ブラシを入れてごしごし……歯みがきが苦手な子どもも多いと思いますが、歯みがきしないとどうなるの? お口の中でバイキンさんがどんなことをしているの? という素朴な疑問がわかりやすくストーリー化された一冊です。

 

 

5月のランキング結果は、殿堂入りの作品と、ニューフェイスの作品が入り乱れる結果となりました。
まだ読んだことのない絵本があったら、ぜひ読んでみてくださいね。
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

400冊の絵本が読み放題アプリ「森のえほん館」って?
http://ehonkan.jp/about/

無料お試し期間付き!ダウンロードはこちら

blog用ios

 

 

 

blog用アンドロイド

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ