みみなしほういち

514

作品紹介

日本に昔から伝わる、有名な怪談を絵本にしました。
琵琶の名人、ほういちは、ある日ふしぎな武士に頼まれて、武士のご主人のお屋敷に出かけます。
ご主人はとても喜びますが、実はその正体は、幽霊だったのです。
困ったほういちは、おしょうさまと相談をするのですが…。

作者情報

作:日本の昔話
文:平井里奈
絵:松尾達

外部リンク

耳なし芳一 – Wikipedia

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Comments

コメントをどうぞ

PAGETOP
Copyright © I-FREEK MOBILE INC. All Rights Reserved.